セルフジェルネイルのお役立ちコンテンツ
初心者でも簡単 ジェルネイルキット徹底比較
おすすめセルフジェルネイルキット
初心者でも簡単 ジェルネイルキット徹底比較
おすすめセルフジェルネイルキット
セルフジェルネイルのお役立ちコンテンツ

タイダイ柄のジェルネイル活用術・テクニック

タイダイ柄のジェルネイル活用術・テクニックについて一般の方の声を集めて紹介します。

同じカラーでも印象を180度変えるタイダイネイル

タイダイネイルは毎年どの季節でも人気があるデザインです。好きな色を指定する方もネイリストさんにお任せする人も、出来上がるまで楽しみな気持ちになれます。その中でも、白とピンクの組み合わせのタイダイネイルはとても人気があるんです。淡いピンクと白とでは、女の子らしくフワッとした印象に仕上がります。ホログラムやクリアストーンと相性が良いです。淡い水色を加え三色のタイダイにし、シェルパーツを乗せるととても可愛く春夏にぴったりなのでオススメです。濃いピンクと白とでは、はっきりとした派手でセクシーな印象になります。大人っぽいコーデや長めのネイルによく合います。このカラーはかなり派手なので、全部の爪にネイルするよりホワイトの単色と合わせて何本かタイダイにするとバランスが取れ、タイダイの良さが引き立つのでオススメです。

タイダイ柄のジェルネイルはアジアン風ファッションに良く合います

タイダイ柄と言えば、アジアン風のデザインで、エスニックな雰囲気が漂います。ナチュラルな雰囲気のアジアンチックなファッションには、タイダイ柄のジェルネイルが良く似合いますので、おすすめです。ラフな感じの雰囲気が特徴の、アジアンファッションを、私は夏に良くするのですがタイダイ柄だと、流行りとかがないので、いつでも使いやすいデザインだと思います。私が好むアジアンファッションは、ナチュラルな色系統の服が多いので、深く入り混じったような、カラフルな色のタイダイ柄ネイルが映えます。ネイルサロンで作ってもらうときは、好きな色を3つほど選んで、タイダイ柄を施術してもらっています。グリーンやイエローやオレンジを組み合わせると元気いっぱいタイダイ柄ジェルネイルに仕上がります。

タイダイはいろんな表現方法があって何種類もデザインがある

夏によく使われる技法です。見た目は凝ったようにみえますが、案外簡単にできるので、セルフネイルでもよく使われます。まず、好きな色を4色ほど選びます。それを被らないように、爪の上にのせていくだけ。隙間は硬化させる前になじませます。そのときに混ざってできる色も素敵です。いろんな大きさで爪の上にのせれるので、同じ色を使っていても表現方法がそれぞれ異なります。右と左の手で色をで合わせるなら同じ配置は難しいので、色の大きさを統一すると、色の配置が違っていても同じようにみえます。このままでもいいですが、ワンポイントとして爪の根元の方にブリオンなどをつけても可愛いですね。トップコートを塗る前にシルバーのラメを薄く重ねてもワンポイントに可愛いです。

オフィスで派手すぎないデザインにせざるを得ないときでも、色をベージュなど抑えめにし、さりげなく透明感のある爪にすることができてオススメです。

タイダイ柄に初めて出会ったのは学生時代でした。当時フレンチネイルはとても流行っていましたが、タイダイはネイリストの方に勧めていただいたデザインで、フレンチネイル負けない品と華やかさを兼ね備えたデザインです。タイダイ柄はビーチや旅行に行く際にもとても華やかで、気分が上がります。フットに施しても、手に施しても華やかで良いです。色に迷ったときにも良いです。何色か選んで、タイダイとして混ぜてつければ、色を選びきれないときもわがままネイルにしてしまえばよいのです。雰囲気はオレンジやブルーでエキゾチック、アジアンな雰囲気にすることもできるし、ベージュやピンクでオフィス仕様にも良いでしょう。赤や白にすれば冬っぽくなったりシーズンモチーフにすることもできます。タイダイの良さをもっと多くの方に知ってほしいです。

簡単なのに凝ったデザイン見える、タイダイネイル

とっても簡単なのに凝ったデザインに見えるタイダイネイルがオススメです。私は、セルフジェルネイルをする時に、デザインが同じようなものになりがちでしたが、その時に友達に教えてもらったのがタイダイネイルでした。タイダイは、パッとみた感じではどのようにやっているかがわからず、難しそうと思いましたが実はとっても簡単でした。ベースカラーを塗ったあとに、ベースカラー+好きな色をドットの形にのせて筆でポンポンと色をぼかして行くだけ。これだけでタイダイが仕上がります。でも、ポンポンしすぎると色が完全に混ざってしまうので注意です。色の組み合わせによって、エスニック風の仕上がりになったり、ホワイトベースにピンクや黄色系をのせると春っぽく可愛い印象になります。デザインに困ったらタイダイネイルを試してみてください。

色々なカラーを使って、色々なバリエーションのネイルをタイダイ柄で作れます。

タイダイ柄がもともと好きで、よくネイルのデザインにも使っています。色の組み合わせ方によっては色々な表情のネイルになるのでなかなか飽きがきません。例えば、ピンクと白を基本にして、オレンジや黄色などの明るい色でタイダイ柄を作ると、とても明るく華やかなデザインネイルになります。ブルーやビビットピンク、紫などでタイダイ柄を作ると一気にリゾート風なネイルになり、ビーチにとても映えるネイルになります。こんな感じで色々なカラーの組み合わせで、季節や場所に合わせたネイルを作ることができます。タイダイ柄を応用すると、茶系・黄色系でべっこう柄のネイルに。黒・灰色・白で大理石風のネイルも作れます。セルフネイルでもタイダイ柄はやりやすいデザインなのでとてもオススメです。

色の組み合わせでいろんなデザインができます

色を変えることで、いろんな種類のタイダイができます。雰囲気も簡単に変えることができるので、飽きずに長くデザインできます。全部の爪にしてしまうとしつこくなるので、10本中2本ほどするのが理想です。色の使い方は4色ほどが理想です。あまり使いすぎても1つの色が小さくなりぐちゃぐちゃに見えてしまいます。夏には、鮮やかな色で、黄色とオレンジと水色のタイダイが合います。一方、冬は落ち着いていたり、くすんでいるネイビー、グレー、ボルドーの3色でタイダイにしても可愛いです。大人っぽい印象になります。自分でセルフネイルをするときにでも、両手にしやすいデザインとなっているので、セルフネイルをする時はぜひトライしてみてください。

オレンジ・赤色を合わせて華やかなイメージにするのがおすすめ

タイダイは季節に応じた配色にするのがおすすめです。明るい色合いにしても、派手さはなく華やかな雰囲気になります。たとえばオレンジのベースで、クリアベースでくり抜いてそこにタイダイの柄を入れるとお洒落な雰囲気になります。タイダイ柄は、オレンジ・赤色・黄色を混ぜると可愛い仕上がりになります。また夏には、海をイメージしてブルーとホワイト・水色を合わせると夏らしくなりますし、ピンク・ホワイトを合わせると桜をイメージした春らしいネイルデザインになります。他にも、逆フレンチで様々な色を組み合わせてレインボーカラーにしてもいいです。華やかな雰囲気ですので、ウェディングネイルやパーティーネイルにもおすすめです。

難しそうと思われがちなタイダイネイルですが、手順は簡単♪

ベースジェルを硬化後、2?3色のカラージェルをランダムに爪に塗ります。大小のドットでもOKです!全体にタイダイにしたい場合はジェルとジェルの間をクリアジェルでぼかしていきます。筆にクリアジェルを取り、ぼかしたい所を上から押し当てるような感じにクリアジェルを乗せるとカラージェルが馴染んでいくと思います。全体的に馴染んだらライトに入れて硬化しましょう♪混ざりすぎるとマーブル模様になるので注意してくださいね。縦タイダイにしたい場合は綺麗な筆にジェルを取り先ほど塗ったジェルの表面と筆についたジェルの表面が少し重なるくらいの圧で根元から先端に向かって筆を引きます。一度筆を拭き、同じ工程を繰り返します。中心→サイド→サイドと3回に分けると成功しやすいですよ。*筆は爪と並行になるように寝かせて持つと圧が均等にかかります♪クリアジェルの他に、白でぼかしても優しい仕上がりになりますので、ぜひお試しください♪

意外とテクニックいらずでかわいいデザイン!

昔は私も難しそう、という印象を持っていたダイダイネイル。実はすっごく簡単にできちゃうのでおすすめです。まず2~3色のジェルを準備します。3色の場合は同系色だとまとまりやすいかもです。準備したジェルの中で一番明るい色をベースに塗って硬化させます。続いて準備した色のジェルをドット状に乗せる。あんまり考えずにテキトーにランダムに!(笑)後は筆でぽんぽんと叩く。ドットの境目をぼかしていくような感じです。叩き具合でイメージも変わります!いっぱいたたいたら柔らかい感じになる気がしてます。でも好みだと思います(笑)ダイダイネイルのお気に入りなところは、失敗したーって気がしてもなんとなくたくさんぼかしていくと柔らかなダイダイになってくれてるところです。自分では??と思っていても、意外とそれっぽくなってくれている優秀デザインです。

夏の時期に映えるネイル柄で初心者にもおすすめ

エスニックな感じで、海のあるシチュエーションに合うネイルですが、ベースの色ひとつで、どんなときにも合うネイルです。ジェルネイル2色あればできる、初心者におすすめのネイルですよ。まずはテクニックから。①2色のうち薄いほうのカラーをベースに塗ります②濃いほうをランダムにドット状に載せます③ベースの色で同様にドット状に載せます④後は好みの柄になるまで叩くだけたったこれだけ!ベースをパステル系にすれば大人っぽく、ビタミンカラー系にすればカジュアルに、ビビッドカラー系にすれば派手な装いにも合いますね!マーブルを作りたくて失敗したときには、ホワイトでぼかすとタイダイが出来上がります。そしてベースをタイダイにして、ストーンやラメもいれたり、フレンチネイルなどのベースにするとジェルネイル上級者の仲間入りですよ。

華やかにもナチュラルにもできて自分好みにできておすすめ

夏などはブルーやホワイトなど暑い季節にぴったりなカラーを合わせることで季節感をしっかり出すことのできるタイダイがオススメ。派手に出来ない方もワンカラーやグラデーションに飽きた方もタイダイを取り入れることでいつもと雰囲気の違ったデザインをたのしむことができます。ニュアンスネイルとして同じカラーを使っても人と被らずに個性が出せるのも魅力的です。フレンチやワンカラーにも取り入れることができ、デザインの幅も広がります。手作業で作るデザインなので全く同じデザインに出来ないというのも自分だけのオリジナルになってオススメです。カラーによって可愛くもクールにも、落ち着いた雰囲気や肌にも自由自在に表現できるデザインです。

ネイルキット総合ランキング ランキングを見る

この記事を見た人はこの記事を見ています

人気コラム

グルービーネイルの口コミ・評判 – ネイリストがいる本格SHOPの厳選キット

>>グルービーネイルの公式サイトはこちらをクリック<< グルービーネイルって? オープンしてから10年、約10,

シャイニージェルの口コミ・評判 – 爪への負担を考えた弱酸性のジェルネイルキット

>>シャイニージェルの公式サイトはこちらをクリック<< 内容は? シャイニージェルのスターターキットの内容は

ジェルネイルに使える!おすすめエタノール3選

セルフでジェルネイルをする際に必ず必要になるのが、未硬化ジェルの拭き取りや手指の消毒に使うジェルクリーナーです。実はジェ

ネイリティ(Naility)の評判・口コミの調査結果

洗練された外観のネイルセット ネイルアートを楽しむなら、そのアイテムにもこだわりたいものですよね。 ネイリティのネイ

ジェルミーワン(Gel Me 1)の評判・口コミの調査結果

スターターキットのセット内容は? ジェルミーワンのセット内容は3点のみです。 ・ライト ・パステルメーカー

ジェルネイルキットメーカー

category

ジェルネイルお役立ち情報

category